忍者ブログ

一応日記的なもの


[ namec ]
彩雲
[ mail  ]
未記入
[ title ]
謹賀新年
[ textc ]
柴本様、明けましておめでとうございます。
どうか本年も、宜しくお願い致します。
『ウルトラQ』、ご覧になったことがあるのですか! いや~、モノクロの雰囲気といい、役者さんたちの演技といい、特撮ファン必見の作品ですよね。
最近では『ガキ使』にて、人工生命M1号がダウンタウンの浜田さんと似ていることで、それなりの人気があるようです。
本と映画、SFが続いたので、今度はサスペンスやホラー、コメディなども紹介しようと思います。例えば、ヒッチコック映画なんて如何でしょうか?
ではまた。


>>
台詞まわしが古かったり、今だと禁止用語なのがさらっとでてきてちょっとドキっとしますが 笑、世界観に引き込ませる演技ですよねえ。

M1号話題になりましたね!お話もかなりシュールで面白かったです。

ヒッチコックは観るべきだと思いつつ、まだ「鳥」しか観てないんですよね…ホラー好きとしてはもっとチェックせねば!



BBCの『SHERLOCK』!私も大好きです!
特にS3のE2、結婚式の話が一押しです、終盤で伏線が一点に収束していく感じが好きです。
先生はどのエピソードがお気に入りですか?


>>
シャーロックはシーズンを重ねる毎に面白くなってる気がしますね。
僕もS3E2かもな~。エピソード構成も面白いですし、ワトソンとの友情や、ホームズの孤独なんかも描かれてていいですよね。

「ムーミンパパの思い出」もそうだったんですが、友達とバカやってたのが一区切りついて、それぞれの人生が始まってく時の物寂しい雰囲気ってなんとなくすきなんです。

最近は現実の自分もそんな時期入ってきてる気がして怖いですが 笑。
ひ、独りで死にたくない・・・


あと、イギリスドラマによくでてくる変態で他人の神経を逆撫でるの大得意な悪役がけっこう好きなので(現実では絶対会いたくないけど)シーズン3のマグヌセンもおもしろかったです。シーズン4も楽しみだな~。 

miss me?



ああっと!PCに保存しているまぼろし城の挿絵を、舐める様に(それはもう舐める様に)観察していたら大発見!

リッパがアベルを抱えてジャンプするシーンでアベルのおしりに!

http://p.twipple.jp/e87Cc

↑このパーツが付いてるぅ!

 連載当時に気が付かないなんて、何たる不覚!

>>
一応僕の描く動物キャラは大体おんなじような感じに描いてますよ!


いつも嬲る様に(それはもう嬲る様に)観ていたのに、太腿にばかり気を取られていた!


>>
「舐る様に」じゃなくて!?



………それはそうと、半ズボンの隙間を見てると、下から手を突っ込みたい衝動に駆られませんか?


>>
駆られません。



漫画持ってるのに電子書籍買っちゃった☆

でも一つだけ不満が…カバー下の絵が無い!パチンコの二人とにんじんの二人、あれ地味に好きなのに(´・ω・`)


>>
そういえばそうでしたね…じゃあそれは単行本所持者特典ということでひとつ!
単行本だけでもありがたいのに、電子書籍版ツノウサギご購入、本当にありがとうございます。



このお猿さま…パンケーキ作ってるじいやさんにそっくり!これは未年から申年へと言う意味が!?


>>
そ、そうです!?なんて計算高い絵を描くんでしょうねぼくは!!



返信ありがとうございます。『新聞連載時のタイトル』なのですね。是非全体像を拝見したいのですが、次の連載でも使われますでしょうか?


>>
タイトルカットは毎回描き下ろしていますね。


大学ではグラフィックデザイン専攻だったのに、こういうロゴタイプデザインとか全然出来ません…





2巻の追加挿絵にカネスキー氏はいらっしゃいますか?

誘拐未遂以来過保護になってる金ー氏びしょ濡れのアベルをタオルで拭いてあげる

訂正

誘拐未遂以来、過保護になってるカネスキー氏。びしょ濡れのアベルをタオルで拭いてあげるカネスキー氏。

そんなカネスキー氏が愛おしい。


>>
もう発売したのでご確認済みと思いますが、ごめんなさいカネスキー氏の追加はないです!
イマジネーションで補ってあげてください。



そろそろ新しいお仕事の情報が聞きたいです。ですです。


>>
しばらく音沙汰なくてすみません!
色々やってはいます、ただ色々とお待たせしてしまうと思います。
もっと作業が早くなれたらいいのになぁ…



大人になったモルテさんに軽くからかわれたいのですが、どうしたらよいでしょうか? 東京都男性


>>





実はもうひとつコメントをもらっていたのですが…冗談なのはわかるんですけど、ちょっと言葉が強くてあんまりきもちはよくないなーと思ったので、申し訳ないけれどカットさせていただきました。ごめんね!!
PR

最新の記事は↓にあります





冬!!なパンデモニウム魔術師の村エピローグ組絵


[ namec ]
彩雲
[ mail  ]
未記入
[ title ]
ウルトラQ ―モノクロの幻想譚―
[ textc ]
今晩は、柴本さん。
個展、大盛況でよかったですね。ツイッターを見ましたが、記念イラストや絵葉書が可愛かったです。
さて前回、面白い映画やドラマを紹介すると書きましたが、今回お勧めするのは、あの円谷プロのウルトラ・シリーズの第一弾、『ウルトラQ』というSFドラマです。
舞台は1960年代、高度成長期の日本。ある日、自然と科学、常識と迷信などのバランスが、突然崩れてしまったら? 太古の怪獣や怪植物が復活し、宇宙からの侵略が始まり、異次元から、未来から、恐るべき災いが降り注ぐ! SF作家の万城目淳、見習いパイロットの戸川一平、女性カメラマンの江戸川由利子が体験する、不思議な事件の数々とは?!
今も続くウルトラ・シリーズは、この作品からスタートしました。このドラマには決まったヒーローはおらず、殆ど人類が、知恵と勇気で怪獣や宇宙人、超常現象に立ち向かいます。僕がこの作品を知ったのは小5の頃ですが、苦心して入手したビデオを見た瞬間、そのモノクロの異世界の虜となりました。
現在の目で見ても、品があり、夢があり、笑いも涙も、恐怖も感動もあります。お勧めのエピソードは、ゴシック・ホラーの『クモ男爵』、エネルギー問題をテーマにした『バルンガ』、少年と異形の来訪者との交流と別れを切なく描いた『鳥を見た』に、本格サスペンスの『2020年の挑戦』、心の闇を描いた傑作ホラー『悪魔ッ子』などです。
このドラマのストーリイや、怪獣などのデザインなどは、きっと柴本さんの創作にも、何か参考になるかと思います。今だから言いますが、柴本さんの創作の世界観は、このドラマの世界観と、どこか雰囲気が良く似ており、それ故に僕は柴本さんの絵に、心を惹かれたのかも知れません。
DVDレンタルも出ていますので、お気に召せば幸いです。
では、長くなりましたのでこの辺で。お休みなさい。



>>
返信がめちゃくちゃ遅くなってしまってすみません。

ウルトラQはかなり小さい頃に観てますよ!!何歳くらいだろう、小学校低学年の時から初代ウルトラマン、セブン、グレート、そしてウルトラQを嗜んでおりました 笑。

最近Huluにも来てたので見ましたよ!面白いですよね。モノクロの世界ならではの質感、不思議と観ている側を引き込ませる俳優さんたちの力に改めて魅了されました。


元をたどると僕は古い特撮怪獣大好き少年だったので、その辺の影響は土台にあるかもしれません!



ピヨッターで呟いてたハンニバル!観てみた!面白かった!
シーズン2は「お前生きとったんか!」の連続だった。
他に海外ドラマでオススメ、ございますでしょうか?
私は『Dr.HOUSE』と『BONES』が好きなんですが、知ってます?何年か前に地上波で放送してたのですが。


>>
ご覧なられましたか!!面白いですよね。展開に躊躇がないというか、そして好奇心を刺激されます。シーズン2はシーズン1にも増して超密度でしたね・・・!

他にオススメの・・・割とハンニバルはここ最近自分の中で大ヒットだったので他を挙げるのが難しいですねえ・・・ウォーキングデッドは途中でちょっと飽きてきちゃったし・・・

ジャンルは全然違いますが、BBC製作のドクターフーシリーズ、シャーロックなんかも好きです。イギリスのドラマはアメリカ産とはまた違う脚本の面白さを見せてくれる気がします!

これまた大分雰囲気変わりますけど、アメコミヒーローものの「フラッシュ」もライトに楽しかったです。サムライミ版スパイダーマンの雰囲気というか。

特にひねった展開とか意外なことは起きないのですが、王道の青春ヒーローものでしたよ!



http://fc09.deviantart.net/fs71/f/2014/182/6/8/phantom_thief_prince_tulip_by_hi6sho-d7ourp5.jpg
↑このイラストの背景のロゴって何かに使わないんですか?


>>
あ、これはですね、新聞連載時のタイトルとして使われていたものなんですよ!

単行本化の際はブックデザイナーさんがちゃんとしてものをデザインしてくださるので、本では使われないんですよね。



夜更かししてご本読んでる←かわいい   夜更かしがばれないように(推測)懐中電灯で読んでる←かわいい   夜更かしのせいで明日寝坊する(憶測)←かわいい
ベッドに天蓋が付いてる←かわいい   床に足が届いてない←かわいい   シーツ被ってお耳が倒れてる←かわいい
あんまり可愛いから「アベルきゅん」て呼んでいいでしょうか?それとも「あべりゅん」の方がいいでしょうか?
やだ、気持ち悪い笑いが止まらない。うふ、うふふ。流石に自重しないと、先生にもサイト観てる他の人にも迷惑ですよね。うふ、うふふ、うふふふ。


>>
あ、あべりゅん・・・???
カネスキー家の警備増強を要請します!!



コマさん、113ページ3コマ目に、カヨウさん居ない?人違いかな?


>>
おおー気づかれましたか!はい、カヨウのつもりで描いてます!ただ、今見返すとちょっと描き直したい出来・・・笑

人間絵は特にまだ安定感に乏しい・・・

コマさんは後半お話を進めるのが(これけっこう毎回な気もするけど)辛くて、モブとかで遊んで紛らわしてたんですよね。


ツイッターで気づかれた方もいましたが、他にも如月かずさ先生のパペット探偵団のホームズとシルクや、ツノウサギのジャッカとトポ、パンデモニウムのジファー一家(いずれも人間版)を描いてます。



遅ればせながら、コマさんの単行本発売おめでとうございます!


>>
ありがとうございます!
実は単行本が世に出るまでけっこう怖かったです。コマさんを描かせていただくのはプレッシャーでした。



33333333333333333
dfsdfwq

>>
なぞズラなぞズラ・・・
(↑好きなんだけど漫画中に言わせる機会がなかったコマさん台詞)



[ namec ]
彩雲
[ mail  ]
未記入
[ title ]
行く年来る年
[ textc ]
こんにちは、柴本さん。
今年はこのサイトにカキコできて、本当に良かったです。来年も時々、訪問いたしますので、どうか宜しく。
では、良いお年を。
PS 以前投稿した、『ウルトラQ』の情報、届きましたでしょうか? どうも投稿ミスをしたような気がしまして。もし届いてなかったら、スミマセン。


>>
すみません僕の怠慢です・・・!
こちらこそメッセージありがとうございました!こちらこそ来年も宜しくお願いいたします!








今年もやります個展!ブログでの告知が遅くなってしまいましたが明日からです!


場所 ギャラリープラット JR横浜線・京王相模原線 橋本駅 北口徒歩3分
会期 10/08~10/18(定休日10/14 水曜日)
開廊:10:00 閉廊:18:00(最終日10/18は16:00まで)


10,11,12、17,18日のそれぞれ午後に僕も来廊予定です。


去年にも増して今年は怪盗王子チューリッパ!の展示をメインにやらせていただいております。
今回もA4イラスト、ポストカードの販売もしています。


その他、Bakuやempty headの雑誌切り抜きから自主制作本のひよこ産業製品カタログやサカサバネなど、そして単行本ツノウサギやパンデモニウム日本語版&フランス語版などなど!


さらには去年ご好評いただけた魔術師の村のラフスケッチ集も閲覧できるように展示してあります。


目新しいものは、もしかしたらさほどないかもしれません…が、楽しんでいただければ幸いです。




リクエストに応えていただき、ありがとうございます。カネスキー氏はのしイカになると、お髭がメジャーのように伸びる。これは大発見ですね。どのくらいの負荷でどのくらい伸びるのか、色々と実験してみたいですね。


>>
サ、サイコパス………!!!!!!!?




ひよこ産業製品カタログ そのほか刊行物をDL販売される予定はありますでしょうか。地方に住んでいると、コミティアなどイベントに参加できなくて毎度悔しいです!  それはそれとして、Undertaleはかなりオススメです。Playismに依頼して公式に日本語対応することも予定されているそうです。ふざけつつブラックさもありつつきちんと作りこまれた良い作品なのですが、これまでは日本語が無いために他人に薦めづらかったので、今後に期待したいですね。


>>
残念ながらDL販売は今のところ具体的に考えたりはしてないですね…DL販売に後ろ向きというか、単に僕の勉強不足ゆえなのですが。

Undertaleオススメですか!かなり気になるんですよねええ!!
海外でかなり流行ってるみたいで既にネタバレを多少見かけてしまったような気もしますが…
日本語対応期待ですね。



[ namec ]
彩雲
[ mail  ]
未記入
[ title ]
お勧め作品
[ textc ]
こんばんは、柴本さん。
お返事、有難うございます。僕は絵は駄目ですが、文章を書くのには自信があり、将来はSF作家になるのが夢です。
柴本さんは、いろいろな映画や本を紹介していますが、僕からも二冊、とっておきの面白い本をご紹介します。
一冊は、広瀬正の『マイナス・ゼロ』。タイム・マシンで、戦前、戦中、戦後の時代を飛び回る時間SFです。二冊目は、ハリイ・ハリスンの『テクニカラー・タイムマシン』。タイム・マシンで過去の世界へ跳び、伝記映画を撮影するロケ隊の珍騒動を描いた作品です。
どちらも、時間をテーマにした作品ですが、前者はノスタルジーと人と人との触れ合いの暖かさ、後者はぷっと吹き出しギョッとするブラック・ユーモアが特徴です。どちらも結末は前向きで、心地よい読後感を得ると思います。
『マイナス・ゼロ』は復刊されていますし、『テクニカラー~』は図書館などで蔵書で見つかると思います。秋の夜長のお供になれば、幸いです。
ではまた。今度はお勧め映画もご紹介しますね。


>>
オススメありがとうございます!作家さん志望のオススメ…!どちらも読んだことがないので、
今呼んでる本を終えたら探してみたいです。 タイムスリップものは結構好きなジャンルですよ!!


オススメ映画も楽しみにお待ちしてます。
返信遅くなってすみません。


◎ PIYOTTER (生存確認専用ツイッターアカウント)
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ 最新CM
[05/07 NONAME]
[10/07  ]
[10/05 リョウタ]
[09/26 drango]
[09/25 泥沼]
◎ プロフィール
HN:
sho
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/12/04
◎ 最新TB
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
(08/18)
(08/20)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]