忍者ブログ

一応日記的なもの

遂に発売しましたね。IKKIの『Baku』掲載号。受賞してから大分経つので「やっと」て感じですが。


自分のところにも掲載号が昼に送られてきました。まだ読んでないです 笑。
ザッとペラペラめくっては見ましたが、そのうち…。


なんというか不思議な感じです。プロの方々と同じ本の中に自分の漫画があるというのは。
それに上にも描いてるけど、僕的には「やっと」な感じなので、既にどこか他人の作品であるようななんとも言えない気分です。
ただ絵を見てると「よーベタ塗ったなあー」と思い出すことは色々あります 笑。


また全く会ったことの無い方々にも自分の漫画が読まれるというのが感慨深い。
その人にとってその作品が良かったか悪かったかは別として、
その人のどこかに残ることが、その人の人生が僕の作品を通過するというのが感慨深い。


ものの5分とかその程度の時間ですけど、そんな時間を見知らぬ方々から頂戴した訳ですからね。
不思議な気持ちになります。


これからも頑張りたいです。ていうか、まずマンガロー頑張ります。明日の寄席は参加出来ないなあ。








ディエンビエンフーとドロヘドロの単行本欲しい
PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ 突然失礼します;

コクボと申します。


受賞後Bakuを読んで、男性なのにキャラが可愛いというのと、何よりトーン無しの白黒(漫画自体白黒ですが…)で、あれだけの世界観というか迫力が描けるのは、良い意味で一体脳内がどうなっているんだろうと思いました。
色んな漫画を読んで感じる事はありますが、この作品も新たに考える事が多かったです。


ジャンル関係なく、Bakuのように読む人を引きずり込む何かが私にも描けたらと思います。
あれだけ1コマ1コマ細かく描く根気と集中力は全くありませんが…;

他の作品も是非今後拝見したいです。

まず自分が精進して頑張らんといかんのにこんな事いうのは変ですが、これからも頑張って下さい。

よくわからん文になってしまいすみません(´Дヽ
おじゃましました。

コクボ 2008/07/26(Saturday)23:04:05 Edit
◎ 無題

コクボさんではありませんか!コメントありがとうございます!!

トーン無しなのは単に未だにスクリーントーンというものを使ったことが無いせいだったり 笑。
僕の脳内は多分くだらないことで渦巻いてますよ。


Bakuは結構好みが分かれる漫画だと思います。IKKIのアオリにも書いてありましたが、審査員を「うならせた」っていうのには良い意味も悪い意味も含まれてるかと 笑。
なにぶん自分の漫画は世界観を描いてるものばかりなので、コクボさんのように『人間を描く』ことが出来るのは凄いと思います。そして自分に必要なことだなとも思いました。


因みに僕は我慢できずに受賞作品は式会場で全部読ませてもらいました 笑。


『少女ヨ泣キナサイ』は心を扱っているシビアな作品ですがあの少ないページ数の中で濃さを保ちドラマを作れるのが凄いと思いました。僕なんかはもう、説明に追われに追われてページが足りねえの中でやってる状態ですから 笑。掲載楽しみですね。


僕の他の作品も同じような感じですしこれからもその辺は変わらないと思うので是非機会があったら見てください!
30日から下北でやるグループ展ももし良かったらどうぞ。正直他のみんなの方が僕より漫画上手ですよ困ったことに 笑。


お互いこれからも頑張りましょう。

sho 2008/07/27(Sunday)00:26:25 Edit
◎ 再びすみません

お返事ありがとうございました。
相当感激しました((゚□゚



下北はかなり憧れの地なので是非行ってみたいです。

できたネームが面白いかつまらないか分からない時、友達に見てもらうという手段があっても私は絶対見せれないです。恥ずかし過ぎて;;今後そんな事ではやってけれんのですが↓

なので、漫画を描く知人が身近にいるというのは凄く良いというか、とても羨ましい環境です。


私はいまだBakuの博士の素顔が気になります。
というより、翔さんのようにバクくんのようなキャラを主人公に描く方が人間を描いたらどのようになるのだろうというのが強いです。


後、費用削減の為にもトーン無し技法の作品が描けたらと思います笑



それから1つご報告を。

少女ヨ泣キナサイは掲載スルーなのかよくわからないのですが、変わり?に8/11に出るスピリッツ増刊カジュアルというのに、ゴトウユキコ名義で「乙女駆けるサマーデイ」という作品を掲載させて頂きます。
最低の内容になっていますので、ドン引きの可能性大ですが……よろしかったら見て下さい。



では、二度もすみませんでした(´Дヽ
失礼しました。

コクボ 2008/07/28(Monday)20:16:52 Edit
◎ 無題

下北是非是非!
そういえばネームの段階で友達に見せたりは一度も無いです。なんかライバル意識あるから、完成させたものを見せて意見とか乞いたい感じで。とてもいい環境ですよ!刺激がいっぱい。


博士の素顔は自分でも描いたことありません 笑。でも多分色白で体調悪そうなカオだと思います。
人間は、『絵って色々あるよね』って意味では描けない事は無いんですが上手くないんです 笑。
これは以前ここにアップした落書きなんですが、割と普通ですhttp://file.hiyokonikki.blog.shinobi.jp/mangappoirakugaki.jpg
バクくん達の絵柄に馴染むような人間が描けたらなあ。研究研究


おお!ゴトウユキコで、乙女駆けるサマーデイですね。是非チェックしてみようと思います。
名義が違うのは何故だろう 笑。

sho 2008/07/31(Thursday)00:07:21 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ PIYOTTER (生存確認専用ツイッターアカウント)
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ 最新CM
[05/07 NONAME]
[10/07  ]
[10/05 リョウタ]
[09/26 drango]
[09/25 泥沼]
◎ プロフィール
HN:
sho
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/12/04
◎ 最新TB
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
(08/18)
(08/20)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]