忍者ブログ

一応日記的なもの

映画感想用に絵とか描こうと思ってたけど、今年に関しては観たい映画が多くて多くて追いつかないのでテキストのみの記事になりますが何回かに分けて。


去年のアバター以降に映画館で観た映画


ストロングワールド かいじゅうたちのいるといころ Drパルナサスの鏡 パラノーマルアクティビティ ラブリーボーン コララインとボタンの魔女


とりあえず今回はその半分くらいレビューを。


ストロングワールド。


0刊がもらえる!とか、尾田さんが直々に脚本!とか、今回の敵は漫画でもちらっと触れてた空飛ぶ海賊金獅子!とか、やたらと色々と売り文句がいっぱいあった訳だけど、僕は何より尾田さんが脚本書いたってとこに一番興味があって観にいきました。


色んなとこで尾田さんが書いてるように、それはそれはエンタメきってる映画でした。
内容がどうのこうのいうよりね!


もうワンピースのアニメから離れて大分久しい訳だけど、今回の映画の絵はちゃんと尾田さんしてて良かったです。あと久々にチョッパーボイスも聞いたけど可愛いのな。


最初のテログマとルフィが戦ってるとこが好きです。ギガントピストルがなんか漫画読んでる時の脳内再生に凄く近い描写で おおーとなりました。あとロビンの最初の衣装と髪型良いね。


金獅子との戦いは、後半のビリーに乗りながら浮き島の間を縦横無尽に飛び回りながら戦ってるシーンはとてもカッコ良かったです。


少年誌の戦いの定番だからしょうがないなーと思うんですが、金獅子の大技はあんまり好きじゃないです。ああいうのってどうしても「それ能力が強いんだよね」ってなっちゃうから。


なので個人的には脚の剣が攻撃のメインで、あくまで空を飛ぶのは補助にしてほしかったな!
あと回りに浮いてる浮島とかをルフィにブン投げたりとかして欲しかった。やっぱゴールドロジャーと張り合ってた海賊なんだし!もうちょっと観た事ないような攻撃が観たかったな。


あと部下が弱すぎるなあ 笑。じっくりやってると収まらないんだろうけど。


敵の規模が規模だけに、もう少し辛勝な感じが欲しかった!いや、ホント僕が勝手に言ってるだけなんだけど 笑。


色んなパロディもあって面白かったです。ケミカルボールだのキングコングだのタランティーノなあれだの。


ビリーは活躍してたのに最後いつの間にかいなくなってしまって残念。
そいやワンピースって鳥キャラいいの多いよね。カルーとかピエールとか。


そういう訳で楽しませてもらいました。


“ルフィ17歳最後の冒険”。


ストロングワールドのボツ脚本、クリスタル航海記(だっけ?)も観てみたかったなあ。ナミの隠された部分にスポットの当たる話だったらしいんだけど、それってどう考えてもナミの両親に関係のある話だったんだろうなあ。とても気になる。
まあ、ストロングワールドもかなりナミ中心の映画だったけど。


かいじゅうたちのいるところ。
ちょっと期待がでかすぎたせいか、個人的には微妙でした。


結構前半の出だしは好きなのだけど、正直かいじゅうたちのいるところに着いてからがあんまり面白くなかったというか…。


あそこを到達点にして終わるのは、リアルだしありだとは思うけど、それにはもう少し例のマックスとキャロルのマークが効かないとキツイ気がしました。ちょっとあれが弱いような。


前半の、マックスがお姉ちゃんの友達にちょっかい出して、最初は共にノリノリだったのに結果泣いちゃうのとか、あの辺は結構好きなんだけどなあ。


絵本の方が好きです。


Drパルナサスの鏡。
待ちに待ったギリアム最新作。凄く面白かった。


ただ、情報量が凄くてもっかい観たかった 笑。ちょっと今年は観る予定が多すぎて行けなかったけど。


今回は久々にモンティパイソン節で結構笑いました。唐突な爆発とかね。
ビジュアルイメージも、わざとCGっぽいCGを意図的に使ってきたり、相変わらず毒が凄くて。


あとなんと言ってもギリアム監督の映画は俳優がいいです。


ヴァレンティナの女優さんは丁度いい感じに可愛かったし演技もお上手。バンデットQでお馴染みの小人も良かったし、悪魔のニックも超カッコ良かった。パルナサス博士の俳優さんもとても良かったです。元々シェークスピア俳優らしいですが、最後の岐路に立たされた時の演技とかが舞台がかってて凄く良かったです。


それとヒース・レジャーとそれを固める代役俳優の素晴らしい皆さん。ジョニデも仮面を外すまでヒースと入れ代わってるのに気付かなかった。あと奥様の理想のトニーがジョニデの顔って配役がいいですね 笑。


化けの皮の剥がれた後のコリン・ファレルもとても良かった。


観てから大分経ってるし、まだ整理が僕の中でついていないので感想がそんなに書けませんが、とても満足できる映画でした。


以上。残り半分の感想はまた今度。


因みに今年日本公開が決まってる映画で観たいのは 来月公開の第9地区(ディストリクト9)、アリスインワンダーランド(前売り買った)、五月公開の9、夏公開のインセプション、今年の冬もしくは来年の頭公開のトロン レガシー。


前から言ってるけど多すぎて恐ろしい。


これはぴよったーにも書きましたが、第9地区の公開が4月10日に決まったそうで!
五月くらいだと思ってたのでとても嬉しいです。


AIWも早く観たい。あっちではなんかすんごく客が入っているようで…ティムくん映画の枠を超えたヒットですね。みんなアリスもジョニデも大好きなんだね!!


アリスの期待度は割りと元々はほどほどで、期待値の高い映画ほど下調べはしない僕ですが、アリスはテンション上げるために色々と調べてしまったんです。


んで、かなりのコアなティム・バートンファンの方のサイトを発見し、色々と前情報が入って観たい度が上がりました。


今回のアリスは動物好きにもなかなか楽しめそうですよ。チェシャ猫とか、ネズミの女の子マリアムキンとか。


CGキャラクターの多い今作だから、ティムくんのことだから絶対クリストファー・リーは使うだろうなと踏んでいた僕ですが、なんとジャバウォックの声を演じるそうで、今から楽しみでしょうがない。カッコイイに決まっているッ!


9も、去年の夏にトレーラーを見つけて、それだとあっちでは09年9月9日公開で、あー日本には絶対入ってこないんだろな…と思ってたら五月公開がいつの間にか決まっててとても嬉しかった!!


因みにそのトレーラーってこれね。http://www.youtube.com/watch?v=OnoJecu9e7c


キャラクターの紹介も兼ねてるトレーラーhttp://www.youtube.com/watch?v=nz8QXH91_JQ&feature=related


1が王だの3と4が双子でローブだの、やたらと№吾を想起させてこの手のが好きな僕はそれだけで観たい欲が。


因みに海外ではキャラ毎の1から9までのキャラポスターもあるんだけどそれもカッコイイよ。
キャラ毎の役割がキャッチコピーで書いてあって。それぞれのコピーはこれ。


1 To protect us…
2 To inspire us…
3 To define us…
4 To teach us…
5 To guide us…
6 To lead us…
7 To defend us…
8 To guard us …
9 To save us.


他の全員のキャッチコピーの語尾が「…」なのに対して、9のみピリオドなのがカッコイイね。


元々は短編CGアニメで、それにティム・バートンが惚れ込み、プロデュースをかってでたのが今回の長編映画。


あっちではとっくに公開も終えてDVDも出てるっぽいので今回の本編のシーンも結構色んな動画サイトに上がっちゃってるけど、そのオリジナルの短編も観ることができますよ。


これhttp://www.youtube.com/watch?v=5IQcMeNh7Hc


なかなか音楽も雰囲気も良いです。終わり方がカッコイイ。
大分短いし、恐らく長編は基本的に別物っぽいのでネタバレとかはないと思います。


観たい度はこれ観てかなり上がりました。これ見る限り少年漫画的熱さを期待出来そうでね!!

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ PIYOTTER (生存確認専用ツイッターアカウント)
◎ カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
◎ 最新CM
[08/21 ロレックススーパーコピー]
[08/02 偽物 サングラス]
[05/07 NONAME]
[10/07  ]
[10/05 リョウタ]
◎ プロフィール
HN:
sho
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/12/04
◎ 最新TB
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
(08/18)
(08/20)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]