忍者ブログ

一応日記的なもの

ブレードランナークロニクルズという、ブレードランナーの3バージョンが入ってるDVDを借りて先週あたりに観たよ。


ブレードランナー自体は既に中学生の時と高校1年だかの時の二回観てたけど、なんでもバージョンがいくつかあるらしいというのは以前から聞いてて、しかもどのバージョンを自分が観てるのかも分からなかったので困ってたのだけど、こういう三つ入ってるDVDがレンタルに出てて良かった。という話。


結局僕が前に観てたのはインターナショナル版だったみたいです。例の少々残酷なシーンのカットが含まれてる奴。


クロニクルズに収録されてたのは劇場公開オリジナル版とインターナショナル版と、ディレクターズカット版でした。
オリジナルとインターナショナル版は大して変わりません。その残酷描写の有無くらいだったと思います。ディレクターズカット版はまあそんなに変わらないのだけど、全編にわたるデッカードのナレーションと最後の例のシーンがカットされ、残酷描写無しの、デッカードの夢のシーンが入ります。


夢のシーンが入り、最後の部分をカットされただけで、随分とラストが違いますね。要はあのユニコーンの夢って、デッカードがレプリカントだったってことですよね?(ネタばれ反転文字)


ただまあその設定はリドリー・スコットが撮影の途中で思いついたものらしいですけどね。
エンディングのその意味合いの変化に関しては、別に~の方がいい。とは思いませんでした。オリジナル版は確かにハリウッドの好きなハッピーエンドなのかもしれないですけど、ちょっとディレクターズカットは編集の関係でぶつ切りに終わった感がしてしまうし…笑。


どっちも別にいいんじゃない?と 笑。というのも僕の好きなシーン自体は特に変化しなかったもので!


ただ、デッカードのナレーションに関して。初めて観た時もハリソン・フォードのだらだらした感じのナレーション、いくらなんでも多すぎ&説明しすぎちゃうかと思ってました。確かに設定を伝える為に必要な部分もあるんですけど。


僕は設定把握した上で観たのでナレーション無しのディレクターズカット方がスマートで良かったけど、初めて観るにはキツイのかもしれないです。なので希望としてはナレーションはあっていいけどもう少し加減をしてほしい感じ。


因みにファイナルカットなるバージョンが去年だかに公開されましたよね。劇場でブレードランナーが観れるチャンスだったので観に行きたかったのですが、確か課題かなんかで無理でした。畜生。


ファイナルカットはどういう感じで違うんだろ。まあ、いつかまた観たいなあって時期が来たら今度はそれを借りて見てみようと思います。


それにしても、相変わらずビジュアルが進んでいるというか、今も観れる素晴らしいSFですね。勿論今撮ったらもっと凄い映像になったのかもしれませんが、充分今でも観れます。いい作品は時代が変わっても遜色しないなー。
シド・ミードデザインのスピナーをはじめ、凄く凝ってますよね。あの宣伝飛行船のデザインも好きだなあ。この辺は以後に続くSFが色んなところで影響を受けてますよね。


あと音楽が好き。カッコイイです。エンディングもそうだけど、冒頭のとかね。独特の雰囲気。
そしてやっぱりルトガー・ハウアー演じるロイ・バティの最後の台詞はカッコイイ。何気に父親がブレードランナーのサントラ持ってて、それになんとその台詞も入ってた!!素晴らしいです。
ただ、一週間に三回もブレードランナー観て、サントラも聴いたりしたもんだからしばらく音楽が頭を離れませんでした。


そんな訳で、内容に深く根ざすレビューは誰かが沢山書いてるだろうから僕は書かんです(なんか今眠いし)。
ブレードランナーまだ観てない!という人はまずオリジナル版かインターナショナル版を観てからディレクターズカットだのを観る方がいいでしょう。




50c02fd5.jpg 番外編ポン子コン子。プリス???


ホントは髪下ろしたときのレイチェルにしようと思ったけどあんまり大きい画像の資料がなかったんでプリス。
でも実は家にパンフレットがあることが描いた後に判明、確認してみたらプリスの衣装も色々間違ってたという…。


JFセバスチャンの家でくつろいでる時のプリス的な。これだとクッキーみたいだけど、肉っぽいの食ってたかなー。
プリスのあのタヌキメイク(って言ったら色んな人に怒られそうだ 笑)?も色んなとこで真似されてますよね。コン子はわざわざ書きましたがポン子は自前のタヌキメイクです!ブレードランナーはファッションも面白いね。


左にいるひよこは、ひよこ産業が開発した最新型の戦闘用レプリカントピヨピヨ6、通称ピヨ・バティです。感情が芽生えると制御が厄介なので、安全装置として4000年の寿命が設定されています。


そういえば通称デッカードブラスター。あれなんでトリガーが2つ付いてるんでしょう。銃の知識がないから聞くけどダブルトリガーなんて実際にあるの?2つで充分ですよってこと 笑? はれは~れ~。
まあカッコイくて好きなんだけどね!


そろそろ次は軽い映画でも観ようかなーと、そういえばまだ観ていないグレムリンかグエムル(韓国のモンスターパニック映画)でも借りようと思ったのですが、探しても見当たらず、気づいたらロシア製作の『太陽』という映画を借りてました。あれれ。


あとロシアといえば、タルコフスキー監督の『鏡』のDVDが手に入り、更に『惑星ソラリス』が某図書館で観れるらしいのでその内観ようと思います!!快眠して頭がはっきりしているときにでも!!!!!!!





全然関係ないのですが、普段完全に観ないミュージックステーションを先週観ました。オアシスが出ると聞き、そのとこだけ観ました。こんなだからその時の流行の曲とかアーティストとか全然知らないんだ…。


僕はにわかオアシスファンです。一番最初に聞いて好きになったのはワンダーウォールって曲でした。
Mステで歌ってたフォーリングダウンかっこ良かったなあ。歌詞がカッコ良かったです。蝶をバラバラにするその車輪を止めろ、とか。


アンコールも聞きたかった…CMとか入れないで見せて欲しかったなあ。もしくは録画しといて来週放送とかしてくれればいいのに(わがまま)。もったいない!!

PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ あら

ピヨ・バティ
かっけえ!

ちょぴちゃん 2009/03/31(Tuesday)10:09:06 Edit
◎ ダボぉ トリガー

Wトリガーでつが、

デッカード-ブラスターのツイントリガーは、
一つがパラライズ(麻痺)用、
もう一つはキル(攻撃)用の設定になってます。
アクション用デッカード-ブラスターのコピー物持ってるぜい。

これはシド-ミードデザインじゃなかったと思ったけどな。
前に「クロノログ」っていう豪華シド-ミード画集を持ってて、ある会社に置いといたら無くなっちゃいました。
当時(20年近く前)で4万6千円しますた。エンジェルの滝泣

 All those moments will be lost in time,
like tears in rain,,,,,,

ゴウシュ 2009/03/31(Tuesday)23:21:17 Edit
◎ 無題

>ちょぴちゃんさん


でも決して社長の目潰しとかそんなことはしないです!!


>ゴウシュさん


ダボォトリガーにはそんな設定が!マニアックな情報あじがとうございます。


確かシド・ミードも折りたたみ式の銃をデザインしたんですがそれは没になって、今の誰かさんのデザインしたデッカードブラスターになったらしいですね。


ロイ・バティの最後の台詞はいいっすね!!

sho 2009/04/02(Thursday)00:21:52 Edit
◎ どうも失礼致します

「ブレードランナー」のバージョン違いの差は結構細かくて
ロイとタイレル社長が対峙するシーンでのロイが「I want more life, fucker」と言ってるバージョンと
「I want more life, father」と言ってるバージョンがあったりします。

丁度最近DVD-BOXを買って、全バージョン見直したんですが
よく映画好きの間で話題になる「六人目のレプリカントはどこへ行った?」
な設定の矛盾も、なぜかワークプリント(リサーチ試写)版だとちゃんと
タイレル社に押し入って死んだレプリカントは「二人だ」とブライアンが言っています。

ファイナル・カットは全編リマスターされた上に、コンピュータでチョコチョコいじってある(ロイの持っていた鳩が飛ぶカットで、ちゃんと雨が降っている等)のと
デッカードがゾーラと会う前に警官と会話をしているシーンが入ってます。
画面が綺麗になった以外は、ディレクターズカット版とは、そんなに違わないかな?と思います。

自分はハッピーエンド版もユニコーンの夢のシーンも両方嫌いなので、全部のバージョンにチョコチョコ不満がありまっす。映画としては、“今”一番好きな部類に入るんですが…
今度AkitOOOtaniさんの所で、上映会でもやりましょうか…事後承諾で。

葵悠 2009/04/04(Saturday)22:51:42 Edit
◎ 無題

なるほど。レプリの人数に関してずっと「?」だったんですが、やっぱりただのミスだったってことですね。
じゃあまあファイナルカットはミス修正版って感じなのかな?
エンディングに関しては嫌いではないですけど別に普通です僕の中では。そもそもああいう内容なので明確な着地点のある作品でもないんじゃないかなあと思います。
僕の中ではロイの最後の台詞でブレードランナーの内容は終わってるので、エンディングは別にどっちでもいいです 笑。

sho 2009/04/05(Sunday)14:48:00 Edit
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ PIYOTTER (生存確認専用ツイッターアカウント)
◎ カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
◎ 最新CM
[05/07 NONAME]
[10/07  ]
[10/05 リョウタ]
[09/26 drango]
[09/25 泥沼]
◎ プロフィール
HN:
sho
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/12/04
◎ 最新TB
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
(08/18)
(08/20)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]