忍者ブログ

一応日記的なもの




巷で?一部で?話題の(だった?)ゲーム、エルシャダイをやったよ!
そしてその感想を書くよ。ネタバレも普通に書くし文字だけだから注意してね。


まずはこのゲームを知った経緯から。


一番最初にこの存在を教えてくれたのは大学の友達のinaさんで、(inaさんは数少ない『クレイマンクレイマン』とか『クーロンズゲート』とか変な、もしくは、『雰囲気ゲーム』好きの友達です。)去年の春あたりに 「なんかビジュアルのヤバイゲームがでるらしい」 と、画像を幾枚か見せてもらったのがきっかけです。


「これは凄まじい。動いてるのみてみたいな。そしてゲーム自体は面白いのかな?」というのが最初の印象。


しばらく経ってから公式サイトが出来たと聞き(ちょっと忙しくてチェックにブランクあり)、公式サイトで初めに観たのがアーチプロモーショントレーラー。


その独特の雰囲気と設定、アーチの宝貝的フォルムに痺れ、更にトレーラーを観てく。


堕天の姿が流れ星みたいなビジュアルがカッコよかったり、音楽がカッコよかったり、ちょっと笑ってしまう演出をしながらも、設定とゲームシステムを紹介する巧みさ (ルシフェルは時間操作出来る→コンテニュー。良くない装備は鎧が壊れやすい→このゲームのHP表示が鎧の壊れ具合) に感心し、ぐっと引き込まれた次第です。


PS3は弟の所有で、僕は基本的にBD再生機器としてお借りしていただけなのだけど、初めてPS3のゲーム欲しいと思わせたのがエルシャダイですた。




で、実のゲームはどうだったか。


僕は好きです!といいたい。


そもそも、雰囲気ゲーなところは元々あったので、友達とも、コアなファンの付くゲームだろうと予想していたら、世は思えばネット時代。某動画サイトで結構な話題を取り、必要以上に名が知れてしまったような 笑。


クリアしてみての感想として、これは賛否両論だろうなというのは凄く感じました。主にシナリオに関して。


設定と、特に戦闘システムが凄いよく出来てました。つっても、難易度的にぬるいゲームしかやった事ない僕なので、あまり比較対象がないのですが。


まずシステムに関して。


プレイする前は、神の武器が三つしかない事を知って、「もっとあった方がいいんじゃないか?」とか、「武器は常時切りかえれた方が良くないのかな」とか思っていましたが、これは完全に杞憂でした。


武器の三すくみの関係が非常に良く出来ていて、またそれぞれのコマンドを発掘するのが非常に楽しかった。でもって、武器奪いも実に気持ちいい。


武器をずっと使ってるとケガレて攻撃力が下がるってのもナイスな設定で、単純なコンボ繋ぎになりかねないのを回避出来ているし、上に書いた通り、三すくみの関係性が非常に良く出来ているので、敵と自分の武器の相性を見て攻めると、実にいい塩梅にぽんぽん武器を交代しながら戦えます。この辺が巧くいくと非常にキモチイイ。


また、敵キャラが非常に優秀で、ガードもガード崩しも使ってくるしで凄く戦い甲斐がありました。


僕はノーマルモードでプレイし、最初の方は殆ど鎧壊れて半裸状態で走り回っていましたが、カウンター・ジャストガード・ガード崩しがこなれてくると段々スタイリッシュに戦えるようになりました。


特にジャストガードで崩れた敵に追い討ちかけたり、第三者の攻撃をガード崩しで避けつつ戦ったりは妙に快感が。特にジャストガード追い討ちは堕天使戦で巧くいくとキモチイイネ。


敵のバリエーションも基本的に三すくみの武器装備のパターンばかりなのですが、動きや攻撃法に微妙に個性があるらしく、更に前述の通りかなり頭のイイ動きをしてくるので、まず同じような局面になることがなく、敵の種類の少なさが全く気になりませんでした。


更にオーバーブーストの要素が追加されるとキモチいいのなんのって。これもやっぱり、堕天使相手にオーバーブーストでボコボコにすると楽しい楽しい。


この手の戦闘アクションにおいて、もっともシンプルに楽しく仕上がってるんじゃないかな。雰囲気的には大神とDMCの中間みたいな。


でもってこれらの事を単純な操作で出来るのがありがたい。僕は操作ボタンの多くて複雑なゲームはハナっから出来ないのです。あんまり頭が良くないんだね。


なのでエルシャダイはホント丁度良かった。


グラフィックは独特で凄く綺麗だったなあ。チャプター毎にとても楽しませてもらいました。ただ、真冥界はテクスチャやり過ぎで目が疲れたのと、アラキエルの墓標はちょっとシンプル過ぎたかな。時々入る、別空間の円形戦闘フィールドくらいのバリエーションが、移動マップでも見たかったな。




次にシナリオ。


前半の流れの素晴らしさが凄くて、めちゃくちゃカッコいいです。タワーを探す300年の演出が凄い好き。ここは音楽も凄く良くて、いくつかの台詞で(ベタなんですけど 笑)結構ぐっときました。


あと、堕天使の皆さんがタワー入る直前に大集合するところ。ここでテンションの上がらない少年はいないぜ。タワーへの道の雰囲気凄い好きだな。シルバーサージ・ゴールドサージの登場も凄いかっちぶーだった。


堕天使割とみんな好き。サリエルは王道な敵な感じだし、エゼキエルもアザゼルもカッコ良すぎでしょう。特にエゼキエルおばちゃんは面白いしイイ敵キャラしてた。マ゛アッ!


アルマロスは真冥界の展開で、今後また出るだろうなと思っていたら思わぬところで出てきて驚いた。マイケル・ジャクソンと人魚姫とイーノックを足して割ったような濃い顔濃い設定。クリア後になんとなく初めて説明書読んでみたら、冥界の脱出に関与してた事に今更気付き、OH…ってなったよ。確かに、『アルマロスの叫び』での、真冥界へ飛び込むイーノックに差し伸べようとする手は、モーションが使いまわしっぽいというか、デジャビュな気はしてたんだ…。アルマロスはほんと、イイやつだったよ。


そして前半の熱い展開は途中から予期せぬ流れになり、最後はなんとも妙な余韻を残す事に。


堕天使たちがガッツリ悪役っぽいところから入って、結局は結構切ない存在でした。


ぶっちゃけそこら辺は僕の割りと好きな展開でした。セムヤザの結末込みで。


ただ、アクションゲームとして最後そうしちゃうのはどうかな~と思うのはあります。まさか『彼』がラスボスとは思ってなかった。(途中からそんな気はしたけれど)


リーダーであるセムヤザが堕天の際に既に失敗していて致命傷を負っていて、そもそも最初から堕天は失敗していたってオチはかなり好きなので、『セムヤザとは戦うものの、その致命傷が原因でイーノックが勝つ』くらいの展開はあって良かったかもね。


それこそ、『敵も鎧の残量が残りHP』の設定でここまできたゲームなので、戦う内にセムヤザの装甲がどんどん剥がれてって、最後にその致命傷が露になったりとかもありだったんじゃないかなあ。


あと、クリア後に原典と、ウィキペディアでのエルシャダイキャラ説明文を見て、せっかくいい設定があるのに、それをゲーム内で説明しないのも勿体ないなあと思いました。


セムヤザの堕天の理由を筆頭に、イシュタールとセムヤザの関係についてとか、登場出来なかった堕天使の方々の設定とか。(セムヤザの使役獣のヤギとか、冥界の巨大なタコの死骸を操るバラケルとか、重力を操る能力を持つアラキエルとか、スゲーみたかったよう!!カッコよさそうなのに!)


少なくとも、エンディングにもう少しだけ説明があるともっとすっきりした気はするかな。


そんな訳で、実は大筋にはそんなに文句もなくて、唯一、中盤で唐突に現れる未来からきたイーノックのお孫さんとシータが、気になるという意味ではつっこみたくなるところでした 笑。


あれはなんだったんだろう。時間移動してきたくらいだから、別の(未来の?)ルシフェルでも関与してんのかな?最後に出てくるあの黒い影とか・・・・意味深に色々出てきたけど、その後ノータッチだし。


でもまあ、僕もツノウサギで同じような伏線ぶん投げをやってるのでつっこむ資格はないナ 笑。メタトロン=イーノックがアセンションしていない気がしたが、大丈夫だ。問題ない。




ゲーム面で勿体無いなと思った事。


まず、二週目以降もオーバーブーストが使えるのが『サリエルの幻惑』チャプターのボスからという事。もっと色んな場面でガンガン使いたかった。


『ベリアルの誘惑』チャプターも勿体無い。せっかくアルマロスが真冥界に乗り込む展開は熱かったし、アルマロスの攻撃も面白かったのに、所謂ちゃんと戦える敵が出現してくれないのが。せめて無武装の使役獣たちくらい動けて戦える敵がちょいちょい出て欲しかったなあ。まあ、ボスはポージングとか面白かったけど 笑。


これまた個人的な希望なんだけど、クリア後要素がもう少し欲しかった!


僕は何より一番、戦闘システムの出来の良さに感心したので、大神の袋狢のいる羅生門もしくはDMCのブラッディパレスみたいなのが欲しかった!(要は、敵と連続で戦える格闘場みたいなモード)


恐らく、敵種類が少ないからそういう要素をださなかったのかなと思うのだけど、だったら、敵もちょっとバリエーション増やせる余地はあった気もするなあ。


例えば、三すくみ武器装備の敵のほかにも、CPUバカめの設定で、武器装備無しの雑魚敵を色々出したりとか。そうすると戦闘のギミックにもなって、それら雑魚敵+三すくみ武器装備の敵のバリエーションで、色々出来たんじゃないかなあとか。


まあ、これはホント戦闘が楽しかったから、こんなのも欲しかった!というただのワガママなんだけどね。


スペシャルコスチュームもちょっと無敵過ぎて使いどころがないなあ。常時ウリエル効果だけで良かったなあ。まあ、一週目の時『これ絶対エドウィンのジーンズが最強だよ』と思っていたら、ホントに上下着たら最硬だった、ってのは笑っちゃったけども。


もしくはダサいどや顔アイラブユーな鎧とか、書記官イーノックで戦いたかったぜ。


因みにイシュタールの骨と、自由の民の書記は、ゼルダで探索癖がついていたせいか、一週目で全部見つけちまいました。






さて、色々書きましたが、結局のところ僕は大好きです。ジャッカたちにコスプレさせるくらいにね!たまってる映画感想を後回しにするくらいにね!笑


そして何より、このゲームも漫画も本も売れない御辞世において、このジャンルに進出し、ユーザーの付きにくいオリジナルタイトルで、冒険的なビジュアル、システムにチャレンジした事自体が天晴れです。


僕も頑張らないと。


あ、最後に、凄い細かい事なんだけれども、エルシャダイの『悠遠なる天地』って曲、個人的に完成版より一個手前の、初期の頃サイトに使われてたバージョンの方が好きだったなあというお話。




この動画の0:48あたりからちょっとがけ流れるヤツ。今はフルバージョンが聴けない…
音は少ないけど、この浮遊感?天界感?が好きでした。


ではでは。以上エルシャダイ感想でした。
PR

◎ Post your Comment
Name
Title
E-mail
URL
Comment
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
◎ この記事へのトラックバック
Trackback URL
◎ PIYOTTER (生存確認専用ツイッターアカウント)
◎ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
◎ 最新CM
[05/07 NONAME]
[10/07  ]
[10/05 リョウタ]
[09/26 drango]
[09/25 泥沼]
◎ プロフィール
HN:
sho
年齢:
29
性別:
男性
誕生日:
1987/12/04
◎ 最新TB
◎ バーコード
◎ ブログ内検索
◎ 最古記事
(08/18)
(08/20)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
◎ アクセス解析
◎ アクセス解析
Script: Ninja Blog 
Design by: タイムカプセル
忍者ブログ 
[PR]